看護師辞めたい新人の方の心の支え

このエントリーをはてなブックマークに追加   

看護師辞めたい新人のための心の支え紹介

 

今日も絶望の一日が始まる・・・

 

 

地獄の一日の始まり・・・

 

 

毎日先輩にいじめられ、仕事ではミスばかり・・・

 

 

ヘトヘトになって家に帰ってなぜか涙が止まらない・・・

 

 

「こんなはずだとは思ってなかった・・・なんで・・・これが現実??こんな厳しい世界なの??」

 

 

体は疲れていて、眠たいはずなのに、ベッドで横になっても全然眠ることができない。

 

 

目を閉じると、働いている時の悪夢がよみがえる。。。

 

 

このような気持ちになっている新人の方はいませんか?

 

 

新人の時の辛さは、よくわかります。

 

 

看護師の新人の頃というのは、本当に壮絶な毎日の繰り返しです。

 

 

そんな中、もう体力的に、精神的にも限界に近づいて、勇気を振り絞って先輩の看護師や上司に、その辛い気持ちを思い切って相談したのに、

 

 

「新人なんだから当たり前!!誰でも新人の頃は辛いんだから我慢しなさい!!」

 

 

と言われて、片付けられてしまう・・・

 

 

辞めたいけど・・・現実は・・・

 

 

そんなことがほとんどです。

 

 

ネットで看護師の悩み掲示板で相談したとしても、「新人なんだから我慢しなさい」という投稿ばかりで、全然悩みは解決しない・・・

 

 

そんな方もいるでしょう。

 

 

看護師に限らず、どんな仕事であっても新しく始める仕事というのは覚えることが山ほどあり、大変さはあります。

 

 

新人の頃というのは、確かに我慢しなければならないこともたくさんありますが、、、ここでのポイントは、今の職場の環境があなたに本当に合っているかどうかというのは、全くわからないということです。

 

 

こういった議論になると、

 

 

「新人なんだから、職場が合っているか、合っていないかなんて関係ない!!新人のうちは我慢が大事!!」

 

 

と言う方もいるかもしれません。

 

 

しかしながら、人間、誰でも相性というのは必ずあるものです。

 

 

特に基礎を重点的に覚える新人の頃というのは、働く上での本質的なことを身につける非常に大切な時期になってきます。

 

 

考えてみてください。

 

 

自分と相性が全く合わないような、毎日苦痛な最悪な職場で嫌々働いて、働く上での基礎を身につけられるでしょうか?

 

 

基礎を身につけるなら、前向きに働く必要がありますが、毎日が苦痛であれば、そんな気持ちには一切なれませんよね。

 

 

我慢しながら働くことは可能かもしれませんが、今の職場で働き続けたとしても、結果的に新人の頃に覚えたことは、

 

「職場の人間は誰も信用できない」

 

「看護師は最悪の仕事」

 

といったようなネガティブなイメージだらけになってしまいかねません。

 

 

それほど、新人の頃の経験というのは大切なのです。

 

 

ここで、強くお伝えしたいのは、世の中には「あなたに合っている職場がある」ということです。

 

 

せっかく苦労して看護師になったのに、職場でリアリティーショックを与えられ、看護師という仕事に対して、悲観的になってしまうのは本当に勿体無いことです。

 

 

看護師の世界は最悪な職場ばかりではありません。

 

 

新人としてしっかりと成長できる場所は必ず存在します。

 

 

といっても、、、

 

 

新人で職場を変えたとしても、また次の職場が最悪だったらどうしよう。。。

 

 

という恐怖が出てきますよね。

 

 

そんなことがないように、転職サイトのコンサルタントへの相談がおすすめです。

 

 

コンサルタントは求人先の職場の情報、人間関係についても入手しており、それらの情報を事前に教えてくれます。

 

 

「新人で今の職場が最悪だから、もっと新人として前向きに働くことができる職場に移りたい」

 

 

このような質問をすれば、その要望にあった求人をコンサルタントが紹介してくれます。

 

 

そのため、せっかく勇気を出して辞めて転職したのに、次の職場もヤバかった・・・という事態を避けることができます。

 

 

コンサルタントにはこれまでの苦痛な思い、辛い思いをぶつけてみてください。

 

 

親身になって聞いてくれるため、あなたの気持ちが伝わるはずです。

 

 

そして、あなたに最適な職場を紹介してくれます。

 

コンサルタントに相談する

 

 

 

 

 

 

私は必ず転職した方が良いとは言いません。

 

 

しかしながら、事前に自分の心に余裕を持たせるためのオプションを作っておくということはできます。

 

 

今、苦しみながら働くことと、何か他に選択肢があって働くことは気持ち的に大きな差があります。

 

 

「今の職場に一生拘束される」という気持ちだけの場合、本当に地獄かもしれません。

 

 

しかし、その気持ちにプラスして、「ヤバくなったら他に移れる」という選択肢があったらどうでしょう?

 

 

本当にヤバい時には、違う場所に脱出できる!!という気持ちがあるだけでも凄く心が救われますよね。

 

 

このような心の支えを新人の頃から作ることはできます。

 

 

精神的にまだ動ける早いうちに、この支えを作っておきましょう。

 

 

精神的に余裕がない時というのは、本当に何もできなくなります。

 

 

早めに心の支えを作っておきましょう。

 

コンサルタントに相談する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

看護師辞めたい新人の方へに戻る