ベテラン副看護師レイカ

ナースフューチャーへようこそ。副看護師長のレイカです。看護師として、これまで16年働いてきました。あなたの看護師転職をお助けします!
看護師働き方診断

年代別看護師転職マニュアル〜40代篇〜

このエントリーをはてなブックマークに追加   

40代の看護師が転職で成功させる方法

 

世間一般に40代での転職は厳しいと言われますが、
看護師であれば求人がたくさんあります。

 

 

 

他の職業に比べて、
看護師は経験値が重要視される職業なので、
ベテランの域に入っている40代の看護師を厚遇する職場も多いです。

 

 

 

40代は転職のラストチャンス!

しかしながら、
大規模な病院・施設では採用時の年齢制限を設けている職場も多く、
求人の数は徐々に減っていく年代です。

 

 

 

キャリアアップを目指すのであれば、
40代は転職のラストチャンスとも言えます。

 

 

 

そんな40代の転職を成功させるための秘訣を説明していきます。

 

 

 

転職のラストチャンスで成功させるためには、
転職サイトのコンサルタントのサポートがとても重要です。

 

 

 

無料で相談にのってくれますので、
少しでも転職を考えたら、
相談してみることをおすすめします。

 

24時間電話相談も受けていますので、
忙しい方でも安心です。

 

公式ページはこちら

 

 

 

 

 

 

40代で転職するメリット

30代の頃は育児などで仕事をセーブしていた看護師も、
子どもの成長に従い、
40代で再び第一線に戻ってくる…というケースも多いです。

 

 

 

こういった理由から、
40代で転職を考える看護師は意外と多いのです。

 

 

 

40代での転職には、
以下のようなメリットがあります。

 

 

 

1.ベテランとして厚遇を受けられることがある

これまでの経験を評価され、
ベテラン看護師として即戦力になることを期待されるため、
給与などの面で厚遇を受けられることがあります。

 

 

 

2.子育てが終わっている人が多く、採用されやすい

これから様々なライフイベントを迎える20代・30代と異なり、
40代になると子育てが一段落している看護師も多いです。

 

 

 

そのため、
長期的に安定した勤務をこなせることを期待され、
職場によっては採用されやすい傾向にあります。

 

 

 

子どもが幼い頃は日勤のみの勤務をしていた人でも、
40代から再び夜勤に復帰するケースもあります。

 

 

 

3.管理職候補の求人がある

20代には絶対にない求人が“管理職候補”の求人。

 

 

 

特に、
管理職経験を持つ場合は優遇されます。

 

 

 

40代で転職するデメリット

しかし、
体力的にも衰え始める40代での転職にはデメリットもあります。

 

 

 

1.体力や身体機能が衰え始める時期である

40代になると、
体力的に無理がきかなくなってきます。

 

 

 

「子どもが大きくなったから、もう一度バリバリ働こう!」

 

と意気込んではみたものの、

 

久々の夜勤で体力が持たない…

 

ということもあります。

 

 

 

また、
急性期病棟など繁忙度の高い職場の場合、
例え日勤だけでも体力的に負担に感じることも多いです。

 

 

 

また、早い人だと40代から老眼が始まり、
視力も衰え始めます。

 

 

 

そのため、
採血やルートキープなどの処置が難しくなることもあります。

 

 

 

2.年下の上司や同僚から指導を受けることが多い

40代になると、
“上司が年下”ということも珍しくありません。

 

 

 

職場の年齢構成によっては、
自分が一番年上になってしまうこともあり、
年下からの指導を受けることになります。

 

 

 

3.年齢制限のある大規模施設への転職は難しい

大規模な大学病院などは、
採用時の年齢制限を設けていることが多く、
求人が限られてきます。

 

 

 

4.新しいことを覚えるのが難しくなってくる

年齢を重ねると柔軟性・順応性が低下し、
新しいことを覚えることが難しくなってきます。

 

 

 

特に、機械系が苦手な方は、
慣れない電子カルテの操作に苦労することも多いです。

 

 

 

また、
育児などでブランクのある方の場合は、
医療は数年で進歩するため、
知識・技術面で自己学習が必要になってきます。

 

 

 

新しい薬が出てきたり、
検査・治療法が変わったりと、
数年現場を離れるだけで知らないことが山のように増えます。

 

 

 

看護技術に関しても、
新しい考え方が導入されていることが多く、
勉強が必要です。

 

 

 

“40代のデメリット”を克服する秘訣

これらのデメリットは、
以下の方法で克服しましょう。

 

 

 

1.体力的に無理のない働き方を選ぶ

久々の夜勤というのは想像以上に負担が大きいものです。

 

 

 

子どもが大きくなって、

 

「もう一度、夜勤をやってみようかな」と思ったら、

 

単発のバイトで試してみるのもひとつの方法です。

 

 

 

また、実際の繁忙度や残業時間などは、
入職してからでないとわからないことが多いです。

 

 

 

 

看護師転職サイトは、
短期や単発の求人も扱っています。

 

 

 

こういった求人を活用して、
自分に無理のない働き方を探してみるのも良いでしょう。

 

 

 

また、看護師転職サイトは、
実際の繁忙度や残業時間などの詳細な情報までリサーチしてくれますので、
入職後のギャップを最小限にすることができます。

 

詳細はこちら

 

 

 

2.事前に看護記録のシステムを確認する

看護師は、
比較的“メカ音痴”が多いと言われます。

 

 

 

慣れない電子カルテの操作に苦慮し、
残業が増えてしまう…

 

という方もいます。

 

 

 

このようなことのないように、
機械系が苦手な方は、
事前に看護記録のシステムを確認しておきましょう。

 

 

 

日本で扱っている電子カルテのシステムはパターンが限られていますので、
扱った経験のある電子カルテを導入している職場を選ぶと、
新たにシステムを覚える手間がなくなります。

 

 

 

また、

 

「電子カルテの経験がないが、これから覚えたい」

 

という方は、
サポート研修が充実している職場や、
これから新たに導入予定の職場に入職するのがお勧めです。

 

 

 

看護師転職サイトは、
こういった詳細な情報まで提供してくれますので、
しっかりと確認しておきましょう。

 

詳細はこちら

 

 

 

3.面接では“協調性”をアピールする

40代で転職すると、

 

面接で、

 

「年下から指導を受けるのは大丈夫ですか?」

 

と聞かれることもあります。

 

 

 

あまり主張が強すぎると、
“扱いづらい人”という印象を抱かれ、
採用されにくくなりますので、
面接では“協調性”をアピールしましょう。

 

 

 

自分よりも人間的に未熟な看護師が、
上司であることもあるかも知れませんが、

 

大人の余裕を持って対処できると、
周囲からの信頼を得ることに繋がります。

 

 

 

4.“ブランクのある人向け”の研修を活用する

育児などでしばらく看護師の仕事から離れていた方や、
医療現場で働くことが久しぶりという方は、

 

“ブランクのある人向け”の研修を、
受講するのがお勧めです。

 

 

 

看護協会でも定期的に開催しています。

 

 

 

職場によっては、“ブランクのある人歓迎”として、
職場内で研修を受けることもできます。

 

 

 

医療安全に関する考え方などは、
時代と共に少しずつ変化していきますし、
医療器具や医療機器も年々進化しています。

 

 

 

自信を持って現場復帰するためにも、
こういった研修を活用しましょう。

 

 

 

看護師転職サイトのコンサルタントは、
ブランクのある看護師の相談にも親身に応じてくれます。

 

 

 

ブランクのある看護師を、
積極的に採用している病院・施設もたくさんありますので、
相談してみましょう。

 

公式ページはこちら

 

 

 

40代の転職を絶対に成功させるためのポイント

40代の転職は、
うまくいけば厚遇に繋がるものの、

 

失敗するとその後の選択肢が限られてしまうため、
慎重に職場選びをする必要があります。

 

 

 

40代の転職は、以下のポイントに注意しましょう。

 

 

 

1.焦らない、慌てない

世間一般に難しいと言われる40代での転職ですが、
看護師の場合は求人がたくさんあるので、焦りは禁物です。

 

 

 

自分の納得する雇用条件の職場が見つかるまでは、
妥協せずに職場探しをしましょう。

 

 

 

 

希望する条件と優先順位を明確にして、
看護師転職サイトのコンサルタントに伝えましょう。

 

 

 

親身になって条件に見合った職場探しを手伝ってくれます。

 

 

 

給与やシフトに関する交渉は、
コンサルタントにお願いしてみると良いでしょう。

 

詳細はこちら

 

 

 

2.これまでの経験を評価してくれる職場を選ぶ

これまで積み重ねてきた経験を活かすことのできる職場を探しましょう。

 

 

 

新卒採用の多い病院・施設よりも、
経験者を優遇するような職場の方が働きやすいと言えます。

 

 

 

様々な経験を持つ看護師が集まった職場は、
多様な価値観を受け入れる風土ができているため、

 

ひとつの考え方に固執することがなく、
これまでの経験を活かすころができます。

 

 

転職ができるラストチャンスの40代・・・

 

ということを考えると、
やはり絶対に失敗はできないですよね。

 

 

 

そんな絶対に失敗できない転職活動を成功させるために、
転職サイトのコンサルタントのサポートを、
最大限に活かしていきましょう。

 

 

 

看護師転職サイトは、
職場の風土や人間関係などの詳細な内部情報もリサーチしてくれます。

 

 

 

40代の転職は自力で無理をせず、
コンサルタントの力を借りて、働きやすい職場選びをサポートしてもらいましょう。

 

看護roo

看護rooの特徴

好条件の求人が多いのが特徴的な転職サイトです

「年間休日120日以上」「住宅手当あり」など、働きやすい求人が多いです。

数ある転職サイトの中でも特に非公開求人の条件がとても良く「年収600万円以上、残業なし、年間休日140日以上」といった超好条件の非公開求人もあります!

ホワイトな求人が欲しい方はまず登録しておくべき転職サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 対象地域:関東・東海・関西

看護のお仕事

看護のお仕事の特徴

転職サイトの中でも求人の多さに特徴があります。

特にコンサルタントが行う交渉の評判が良く、ハローワークにある求人の条件UPが可能です!

求人条件を比較するためにも、「看護roo」と一緒に登録しておくのがおすすめです。

価格 無料
評価 評価5
備考 対象地域:全国
好条件の看護師求人配信
【@~F入力後Gタップで配信スタート】@icloud.comメール以外でお願いします
@都道府県
A取得資格
B働き方
C希望年収
D残業
E希望休日
Fメールアドレス(入力)




このエントリーをはてなブックマークに追加   

看護師転職の方法・やり方|世代別・年代年齢別に戻る


レイカの看護師働き方診断


働きやすい病院ランキング作り始めました!!

 *新人看護師でお悩みの方へ*看護師辞めたいと新人で思った時の心の支え

レイカの看護師体験談

*全31話の体験談メール配信登録*
ニックネーム
メールアドレス

*新人からの経験を毎朝メール配信*


レイカのこれまでの看護師経験をメールで配信していきます。

副看護師長の私もこれまで辛いことは多々あり、山あり谷ありの経験が・・・

新人の頃の失敗談や上司との関係、転職活動の経験をリアルにお伝えしていきます。

登録無料です。

日々のお仕事にぜひ役立ててみてください。

>>メール配信の詳細はこちら

看護師のお悩み別にお助け