ベテラン副看護師レイカ

ナースフューチャーへようこそ。副看護師長のレイカです。看護師として、これまで16年働いてきました。あなたの看護師転職をお助けします!
看護師働き方診断

5年目看護師の転職を成功に導く黄金法則

このエントリーをはてなブックマークに追加   

転職したい5年目の看護師が転職成功できる方法

 

看護師も5年目ともなれば、
リーダー的な存在として活躍している方も多いです。

 

 

 

プリセプターや学生指導など、
教育的立場も経験し、
日常業務は難なくこなせるようになる時期です。

 

 

 

また、

 

委員会業務なども担うようになり、
徐々に組織の中心人物としてキャリアを積んでいく時期でもあります。

 

 

 

その一方で、
仕事がマンネリ化するように感じる方もいます。

 

 

それまでは、
毎日のように自分の知識やスキルが向上していくように感じていたものが、
徐々に平坦に感じられるようになってきます。

 

 

 

また、周囲を見る余裕が出てくるために、
ちょっとした人間関係のひずみにも敏感になってきます。

 

 

そんな現状から脱出したい方で、
少しでも転職を考えている方は、

 

まず、専門のコンサルタントに、
相談してみることがおすすめです。

 

公式ページはこちら

 

 

 

 

 

 

看護師としての分岐点、5年目ってどんな時期?

看護師5年目とは、
今の職場で中心人物となるためのキャリアを積むか、

 

まだ若いうちに他の職場へ転職するか、
その分岐点とも言える時期です。

 

 

 

そのために、
将来のことで迷いが生じやすい時期とも言えます。

 

 

 

5年目で転職を考える看護師はたくさんいます。

 

 

 

その理由としては、
以下のものが挙げられます。

 

 

 

1.マンネリから脱却したい

新しいことを覚えることにやりがいを感じる看護師の場合、
一通りの日常業務を難なくこなせる5年目くらいになると、
“つまらなさ”を感じるようになります。

 

 

 

特に、
向上心の高い看護師にこの傾向は顕著です。

 

 

 

2.指導的役割・リーダー的役割が向いていないと感じる

学生時代は“学級委員”“生徒会役員”というのは、
一部の人間のみが担う役割でしたが、

 

看護師も5年目ともなると、
全員が指導者となりリーダーとなります。

 

 

 

しかし、
こういった役割には“向き・不向き”があるのは事実。

 

 

新人指導やリーダーとしての役割が、
とてつもないストレスになってしまう人もいるものです。

 

 

 

特に大規模な施設では、
看護師としての実践能力は充分なのに、

 

指導が苦手であるばかりに評価してもらえず、
不満に感じる看護師も多いです。

 

 

 

3.専門性を高めたい

そろそろ将来的に進みたい方向が見えてくる看護師も多いです。

 

 

 

認定・専門資格を取得するために、
キャリアアップが可能な職場への転職を考える人もいます。

 

 

 

4.雇用条件に不満を感じ始める

金銭的にも時間的にも余裕が出てくる時期。

 

 

趣味にお金を使う人も増えてきます。

 

 

 

そうすると、

 

「もっと給料の高い職場で働きたい」

 

「もっと休みが欲しい」

 

といった欲求が出てきます。

 

 

 

また、
社会人経験を積むことで、

 

徐々に給与や休暇などの市場相場を知る機会が増え、
自分の職場の雇用条件に不満を感じ始める人が多い時期です。

 

 

 

5.人間関係をリセットしたい

新人の頃は仕事を覚えることで精一杯ですが、
5年目にもなると周りの些細な人間関係のひずみまで見えてしまいます。

 

 

 

中には派閥争いや、
職場内での色恋沙汰に巻き込まれ、
人間関係をリセットしたいと考える人が出てきます。

 

 

 

5年目の転職は有利?不利?

5年目は看護師としての分岐点であり、
この時期に将来の方向性で悩む看護師は非常に多いです。

 

 

では、

 

5年目で転職することは有利なのでしょうか?

 

それとも不利なのでしょうか?

 

 

メリットとデメリットを比較してみましょう。

 

 

 

5年目で転職するメリット

 

1.リーダー的役割や指導を経験しているため、広い視野を持っている

リーダー業務や指導を経験している看護師は、
非常に広い視野で職場を見ることができます。

 

 

 

新しい職場を客観的に評価する目を持っているということです。

 

 

 

2.自信と柔軟性のバランスが良い

新人よりも実践能力は高く、
自信を持って仕事に取り組むことができます。

 

 

 

その一方で、
新しいことを受け入れる柔軟性も持っているため、
雇用側からは“扱いやすい年代”というイメージを持たれます。

 

 

3.一通りのことはできるため、即戦力として採用されやすい

リーダー業務まで経験している看護師であれば、
即戦力として、より有利な条件で採用してもらえることが多いです。

 

 

また、
5年の経験があれば、
年度途中での中途採用も可能となってきます。

 

 

 

5年目で転職するデメリット

 

1.今の職場を辞めにくい

5年目になると、
リーダー的役割や新人指導を担っている看護師が多く、
職場内では中心人物になりつつある時期です。

 

 

 

委員会業務やプリセプターを任されている人も多く、
退職しようとすると必ずと言っていいほど“引き止め”に遭います。

 

 

 

2.給料が下がるおそれがある

新人の頃に比べ基本給も上がり、
夜勤回数も多いため、
手取り額がかなり高くなる時期です。

 

 

 

この時期に転職すると、
今よりも給料が下がることがあります。

 

 

 

3.実は“染められている”ため、後悔しやすい

この時期に転職するとかなりの高確率で、

 

「前の職場の方が良かった」

 

と後悔してしまう看護師が多いのです。

 

 

 

特に初めての転職の場合、
その傾向は強いです。

 

 

 

実は、今の職場に“染められている”
という人が結構多いのです。

 

 

 

新卒で就職した職場には“染められやすい”です。

 

 

 

看護観や仕事観、繁忙度など、
初めて就職した職場というのは、
全てにおいて自分の“基準”となります。

 

 

 

例え職場に不満を抱いて辞めたとしても、
辞めた職場は良く見えてしまったりするものです。

 

 

 

5年目看護師の転職はこうやって成功に導く!

これらのメリット・デメリットを踏まえて、
5年目看護師が絶対に失敗しない転職方法をお教えします。

 

 

 

1.“絶対に辞めなければならない理由”を準備する

退職の意思を上司に伝えると、
必ずと言っていいほど“引き止め”に遭いますが、
ここで情に流されてはいけません。

 

 

 

“引き止め”を振り切れるだけの正当な
“退職理由”を準備しておきましょう。

 

 

 

ここで、今の職場に対する不満など、
ネガティブな理由は言わないようにします。

 

 

上司に、

 

「気持ち良く退職させたい」

 

と思わせられるような理由を考えておきましょう。

 

 

 

「今の職場では経験できない分野に興味がある」
といった上昇志向系の理由や、
既婚者なら「配偶者の転勤」でも良いでしょう。

 

 

 

「それなら仕方ない…」

 

と思わせるだけの説得力のある理由を準備します。

 

 

 

時に、スキルアップなど上昇志向系の理由に対して、

 

「あと1年残って欲しい」という“引き止め”をされる場合もありますが、
ここで「1年だけなら」などと甘い顔を見せると、

 

“引き止め甲斐のある人”と思われ、
毎年引き止めに遭う羽目になります。

 

 

 

“退職の話は一度でケリをつける”というのが勝負の分かれ目です。

 

 

 

2.計画的に転職活動を進める

委員会業務やプリセプターなどの役割を抱えていると、
退職後の後任者を決めてもらい、
引継ぎをする必要があります。

 

 

スムーズに転職に向かうためにも、
計画的に転職・退職活動を進めましょう。

 

 

 

退職の意思は早めに伝えましょう。

 

 

 

年度末に退職予定であれば、
遅くとも夏までには上司に伝えます。

 

 

 

様々な仕事を抱えながらの転職活動は、
非常に大変な作業です。

 

 

 

求人探しは看護師転職サイトを賢く活用して、
計画的に進めましょう。

 

 

 

専任のコンサルタントが親身になって相談に乗ってくれますので、
今の仕事と転職活動が両立できるようにサポートしてもらいましょう。

 

公式ページはこちら

 

 

 

3.雇用条件を妥協しない

転職後に後悔しないためにも、
給与や休みなどの雇用条件は妥協しないようにしましょう。

 

 

 

特に、給与の交渉を入職後に行うのは不可能に近いです。

 

 

しかし、入職前にお金や休みの話ばかりすると、
雇用側の心象を悪くしてしまい、採用されにくくなることもあります。

 

 

 

そのため、雇用条件の交渉は、
看護師転職サイトのコンサルタントにお願いするのが無難です。

 

 

 

コンサルタントはこういった交渉については、
プロですから安心して任せることができますし、

 

「言った」「言わない」といった、
後々のトラブルも回避することができます。

 

 

 

看護師転職サイトを賢く活用して、
納得のいく転職をしましょう。

 

看護roo

看護rooの特徴

好条件の求人が多いのが特徴的な転職サイトです

「年間休日120日以上」「住宅手当あり」など、働きやすい求人が多いです。

数ある転職サイトの中でも特に非公開求人の条件がとても良く「年収600万円以上、残業なし、年間休日140日以上」といった超好条件の非公開求人もあります!

ホワイトな求人が欲しい方はまず登録しておくべき転職サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 対象地域:関東・東海・関西

看護のお仕事

看護のお仕事の特徴

転職サイトの中でも求人の多さに特徴があります。

特にコンサルタントが行う交渉の評判が良く、ハローワークにある求人の条件UPが可能です!

求人条件を比較するためにも、「看護roo」と一緒に登録しておくのがおすすめです。

価格 無料
評価 評価5
備考 対象地域:全国
好条件の看護師求人配信
【@~F入力後Gタップで配信スタート】@icloud.comメール以外でお願いします
@都道府県
A取得資格
B働き方
C希望年収
D残業
E希望休日
Fメールアドレス(入力)




このエントリーをはてなブックマークに追加   

看護師転職の方法・やり方|世代別・年代年齢別に戻る


レイカの看護師働き方診断


働きやすい病院ランキング作り始めました!!

 *新人看護師でお悩みの方へ*看護師辞めたいと新人で思った時の心の支え

レイカの看護師体験談

*全31話の体験談メール配信登録*
ニックネーム
メールアドレス

*新人からの経験を毎朝メール配信*


レイカのこれまでの看護師経験をメールで配信していきます。

副看護師長の私もこれまで辛いことは多々あり、山あり谷ありの経験が・・・

新人の頃の失敗談や上司との関係、転職活動の経験をリアルにお伝えしていきます。

登録無料です。

日々のお仕事にぜひ役立ててみてください。

>>メール配信の詳細はこちら

看護師のお悩み別にお助け