ナースフューチャーへようこそ。副看護師長のレイカです。看護師として、これまで16年働いてきました。あなたの看護師転職をお助けします!
看護師働き方診断

「ダメなリーダー看護師の特徴」人の振り見て我が振り直せ!後輩に慕われ、上司からも高評価を得られる看護師になる!

このエントリーをはてなブックマークに追加   

看護師のリーダーは比較される!

看護師業界の「リーダー」というのは、他業種から見るとちょっと特殊で、業務分担のひとつという考え方です。

 

 

そのため、「リーダー」が日替わりである職場も多く、「リーダー」が複数名いるため、働きやすさや適正を比較されやすいのも特徴です。

 

 

「○○さんがリーダーの日は仕事がしやすい」とか、「△△さんがリーダーの日はなかなか休憩に入れない」などという声を耳にすることもあるでしょう。

 

 

比較されるからこそ、「良いリーダー」「ダメなリーダー」が浮き彫りになりやすいのです。

 

 

「良い人」が「良いリーダー」とは限らない

よく、「○○さんは、良い人なんだけど、リーダーだと働きにくい」と思われている人がいます。

 

 

何がダメなのか、はっきりとはわからないけれど、何となく働きにくい環境を創り出してしまうリーダーです。

 

 

逆のパターンもあります。

 

 

普段はちょっと苦手な先輩だけれども、その先輩がリーダーの日は、何となく仕事がスムーズに進むというケースです。

 

 

特に新人看護師は、優しい先輩がリーダーだと安心し、ちょっと怖い先輩がリーダーだと緊張します。

 

 

しかし、それが必ずしも「働きやすさ」とイコールではないということは、薄々気付いているはずです。

 

 


 

 

「ダメなリーダー」だと何故ダメなのか?

看護師の職場は、仮にリーダーが「ダメな人」でも、直接的な患者のケアに当たるのはそれぞれの受け持ち看護師です。

 

 

だったら、リーダーの影響力はさほど強くないような気がします。

 

 

しかし、「ダメなリーダー」だと、職場には以下のような弊害が生じます。

 

 

  • 看護の質が低下する。
  • 次の勤務が働きづらくなる。
  • スタッフのモチベーションが下がる。
  • 無駄な残業が増える。
  • チームワークが発揮されない。
  • 若い看護師が育たない。

 

 

「業務分担のひとつ」とは言え、やはり「ダメなリーダー」が職場に及ぼす弊害は大きいものです。

 

 

リーダーの質は、看護師の働きやすさを左右する一因となるのです。

 

 

また、「ダメなリーダー」は、上司からの評価も下がります。その後のキャリアアップにも影響するのです。

 

 

これが「ダメなリーダー」の特徴】

「ダメなリーダー」に共通する特徴を解説していきます。

 

 

1.忙しいアピールが甚だしい。

看護師の職場は繁忙度が高いことが多いですが、「忙しい」というアピールが強すぎる人がいます。

 

 

いつも「忙しい忙しい」と言っていると、後輩は何か相談したくても躊躇してしまいます。その結果、間違った自己判断をしたりする事故にも繋がります。

 

 

リーダーは、常にメンバーよりも余裕を持った態度でいることが大切です。

 

 

2.自分のやり方を押し付ける。

優先順位やケアの細かい方法など、自分のやり方を押し付けるリーダーは、自分の価値観をも押し付けます。

 

 

看護師は、経験年数の違いこそあれ、全員が「看護師免許」という同じ免許の下で働いています。

 

 

同じ職業人として、互いの意見を尊重し合う関係性を創れないリーダーは良いリーダーとは言えません。

 

 

3.待てない。

自分のペースで物事が進まないと、イライラしたり不安になったりするリーダーがいます。

 

 

そのようなリーダーは、新人など仕事が遅いスタッフの仕事を奪ってしまうことがあり、その日は良いかも知れませんが、長い目で見るとスタッフが育たず、結果的に組織全体の能力を下げてしまいます。

 

 

4.愚痴が多い。

愚痴や他者批判が多い人がリーダーになると、チーム全体の士気が下がります。

 

 

リーダーたるもの、愚痴を言いたくなっても、その相手を選ぶ必要があります。

 

 

後輩に愚痴をこぼすリーダーは良いリーダーとは言えません。

 

 

5.メンバーのレベルを考慮できない。

メンバーの経験やレベルは様々です。

 

 

しかし、ダメなリーダーはそれがわかっておらず、1年目の看護師にも10年目の看護師にも同じものを求めようとします。

 

 

良いリーダーは、メンバーのレベルに合わせて適切なサポートができるものです。

 

 

6.メンバーと親しくし過ぎる。

リーダーとメンバーとの間には、適切な距離が必要です。

 

 

リーダーがメンバーと親しくし過ぎると、公平性に欠けたり、実際には公平であっても他のメンバーからは不公平に思われたりするものです。

 

 

良いリーダーは、仮に親しいメンバーがいたとしても、仕事中にはそれを表面に出さないものです。

 

 

7.患者のケアに入り込み過ぎる。

時に、患者のケアに入り込み過ぎてしまうリーダーがいます。

 

 

そのようなリーダーは、一見、情熱的で良いリーダーのように思われますが、客観性や冷静さに欠けることが多いものです。

 

 

リーダーは、直接的なケアはメンバーに任せ、「自分が出る幕」をしっかりと見極めることが必要です。

 

 

転職を考えたら、看護師転職サイトに相談してみよう

看護師転職サイトは、求人情報を紹介するだけでなく、詳細な内部情報まで事前にリサーチして情報提供してくれます。

 

 

より細かい業務内容やスタッフの年齢構成、人間関係など、本来なら入職してからでないとわからないような詳細な情報まで知ることができます。

 

 

転職を考えたら、迷わず看護師転職サイトに相談してみましょう。

 

 

今すぐの転職を考えていなくても相談に乗ってくれます。

 

看護roo

看護rooの特徴

好条件の求人が多いのが特徴的な転職サイトです

「年間休日120日以上」「住宅手当あり」など、働きやすい求人が多いです。

数ある転職サイトの中でも特に非公開求人の条件がとても良く「年収600万円以上、残業なし、年間休日140日以上」といった超好条件の非公開求人もあります!

ホワイトな求人が欲しい方はまず登録しておくべき転職サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 対象地域:全国
このエントリーをはてなブックマークに追加   

看護師のリーダー・管理職の役割に戻る