ナースフューチャーへようこそ。副看護師長のレイカです。看護師として、これまで16年働いてきました。あなたの看護師転職をお助けします!
看護師働き方診断

看護師が年末に退職すると面倒?年末年始の退職・転職事情

このエントリーをはてなブックマークに追加   

看護師の年末年始の退職方法と退職事情

 

年末に退職する看護師は多い

看護師の退職が多い時期というのがあります。

 

 

最も多いのは、年度末の3月。

 

 

次いで、12月と9月に退職者が多くなります。

 

 

「色々悩みながらも今年1年頑張ったし、そろそろ退職しようかな…」と、年末の退職を思い立つ方も多いのではないでしょうか?

 

 

しかし、そこで気になるのが、「年末に退職すると、何かと面倒なのではないか?」ということです。

 

 

年末と言えば、「年末調整」があります。

 

 

納税などは「完全に職場任せ」という人が多い看護師。

 

 

保険や年金、税金などの仕組みがよくわからずにうっかり放置してしまうと、何かと面倒なことになるおそれがあります。

 

 

今回は、年末年始に退職・転職する際に注意するポイントについて解説していきます。

 

 

年末(12月)に退職するメリット

「面倒」とは言われるものの、それでも退職者が多い年末。

 

 

これは、それなりのメリットがあるということです。

 

 

1.ボーナスがもらえる。

「退職するならボーナスをもらってから」と考える方も多いでしょう。

 

 

退職金+ボーナスでまとまったお金がもらえると、退職後の生活にも余裕ができます。

 

 

2.年末年始をゆっくり過ごせる。

病棟勤務の看護師は、年末年始も関係なく仕事です。

 

 

しかし、年末に退職すると年末年始をゆっくりと過ごすことができます。

 

 

3.新たな気持ちで新年を迎えられる。

退職後、別の職場への転職を考えている方は、心機一転、新たな気持ちで新生活を迎えることができます。

 

 

嫌なことがあって退職に踏み切った方も、気持ちを切り替えやすい時期です。

 

 


 

 

年末に退職する場合の注意点

しかし、年末の退職は、注意しなければならない点もあります。

 

1.退職日によっては年末調整ができず、自分で確定申告しなければならない。

今の職場で年末調整が済めば良いですが、年末に「無職」となる場合、自分で税務署に行って確定申告をする必要があります。

 

 

2.繁忙期であるため、引き留めに合うことが多い。

年末は、病院も繁忙期となります。

 

 

また、冬場は患者数が増える病院も多く、スタッフがインフルエンザなどの感染症で休むことも増えるため、その時期に備えて、できるだけ多くのスタッフを置いておきたいを考える病院も多いです。

 

 

そのため、退職の意向を申し出ても引き留めに合う確率が高いです。

 

 

3.転職活動が滞りやすい。

年末年始にじっくりと転職活動をしようと思っても、事務が休みであったり、面接が行われていなかったりして、この時期はなかなか思うように進みません。

 

 

そのため、予想以上に「無職」の期間が長くなってしまうこともあり、金銭面にも響きます。

 

 

また、多くの病院・施設の事務は年末が繁忙期となるため、この時期は求人活動もあまり行いません。そのため、求人は少ないです。

 

 

年末の退職で失敗しない!押さえておくべきポイント

「ボーナスをもらえる」などのメリットはあるものの、一歩間違うと確定申告が必要になったり、なかなか転職活動を始められなかったり…と、痛い目を見ることもある年末の退職。

 

 

年末の退職で失敗しないためのポイントについてまとめます。

 

 

1.事務手続きが面倒な人は、年内に再就職を済ませるのがおすすめ。

「無職」で年を越してしまうと、税金などの諸手続きが面倒になります。

 

 

そのため、事務手続き面倒な方は、ブランク期間を作らずに年内に再就職まで済ませてしまうのがおすすめです。

 

 

1日でも無職の日があると、健康保険や年金などの手続きを自分で行う必要がありますが、退職の翌日付けで新しい職場に就職すれば、それらの諸手続きは新しい職場がやってくれます。

 

 

まとまった休みが欲しい場合は、職場と相談して退職日までの間に有給休暇をもらうなどすると良いでしょう。

 

 

その間も、籍は今の職場に置いてもらうことで事務手続きが非常に楽になります。

 

 

働きながらの転職活動が不安な場合は、看護師転職サイトを活用すると便利です。

 

 

看護師転職サイトは、退職・転職に必要な事務手続きもサポートしてくれますので、初めての転職の方でも安心です。

 

 

2.じっくり転職先を見極めたい人は、1〜3月の求人に注目する。

12月はどの病院も退職者が多い時期なので、1月以降にその分を補充する求人が増えます。また、新年度に向けて、年度末で退職予定の看護師の補充も行われます。

 

 

そのため、長く勤められる条件の良い求人を探したい方は、1月以降に転職活動をするのがおすすめです。

 

 

しかし、4月に入ると求人数は激減するので、3月までには決めるようにしましょう。

 

 

ここで注意したいのは、求人が多いからこそ、ブラックな職場も混ざっているということです。

 

 

看護師転職サイトを活用して、内部情報をきちんとリサーチしておきましょう。

 

 

看護師転職サイトは、人間関係やスタッフの年齢構成、離職率、実際の残業時間など、本来なら入職してからでないとわからないような詳細な内部情報まで事前にリサーチしてくれます。

 

 

数ある求人の中から、それぞれの看護師にピッタリの職場を見つけてくれます。

 

 

年末年始の転職活動は看護師転職サイトが便利

看護師転職サイトは、見学や面接の日程調整や退職・転職に必要な手続きまで、専任コンサルタントが親身になってサポートしてくれます。

 

 

求人の紹介だけでなく、退職時期についても相談に乗ってくれますので、迷っている方は是非一度相談してみてください。

 

 

相談は無料です。

 

看護roo

看護rooの特徴

好条件の求人が多いのが特徴的な転職サイトです

「年間休日120日以上」「住宅手当あり」など、働きやすい求人が多いです。

数ある転職サイトの中でも特に非公開求人の条件がとても良く「年収600万円以上、残業なし、年間休日140日以上」といった超好条件の非公開求人もあります!

ホワイトな求人が欲しい方はまず登録しておくべき転職サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 対象地域:全国
このエントリーをはてなブックマークに追加   

看護師の退職の方法に戻る